返済が間に合わないからと闇金に手を出す前に

返済が間に合わないからと闇金に手を出す前に

返済の為に闇金って本気?

既に多数の借入れをしている人の中には、どうしても返済が滞って闇金に走る人もいます。毎月の返済が辛いのはわかります。しかし、だからといって闇金に走るというのは正直理解できません。

 

まず、闇金では問題は100%解決しません。まずは、その理由をするのが大事だと思います。そして、現状の返済を解決する方法を3段階にわけます。どれも闇金に走るよりも余程建設的な解決法です。誤って闇金などに手を出す前に、よりよい解決法を模索しましょう。

 

 

闇金では解決しない理由

現在の借入れに対する返済を考えているならば、闇金では何も解決しません。闇金で解決しない理由は大きく3つあります。

 

1つ目は莫大な利息です。法外な金利を平気で取る闇金で借りたとすれば、その月の返済が間に合っても、翌月にはより一層の返済を求められます。当たり前ですが全く楽にはなりません。

 

2つ目は借入額です。闇金で初回に借入れできる金額はたかが知れています。例えば今月5万円の返済を闇金で賄えたとして、それが何になるのでしょうか?他社の借入れをまとめて返済できるようなものではなく、まさにその場しのぎです。後からの利息を考えれば全く意味がありません。

 

3つ目は取立て方法です。闇金ではその場で借りたお金を短期に返済するのを極端に嫌う傾向にあります。なんだかんだと理由を付けて、利息のみしか返済させないなどの手段を講じます。その場しのぎで借りたお金が、後々まで大きく響いてきます。

 

しかし、闇金が解決策にならないといっても、他に対策がなければ意味がありません。ポイントはやはり現状の把握です。それに応じて解決策を探していくのがよいでしょう。

 

基本的に闇金から借りたところで何の解決にもならず、ただただ闇金被害に悩まされるだけとなってしまいます。

 

条件の良い所へまとめる

闇金は借りやすいと言われていますが、貸付け条件は間違いなく悪化します。より良い条件の所に借り換えるのが王道です。例えばおまとめローンなどで、より金利の低い所に借り換えれば、返済の負担が軽くなります。

 

すでに他社での追加融資を断られた人の盲点ですが、おまとめローンであれば通るというケースは多いです。追加融資と違い、おまとめローンは返済のためのローンなので、使い道自由のカードローンとは審査の状況も変わります。

 

また、意外と盲点なのが借入先への相談です。すでに借入れしている金融会社へ、正直に相談はしているでしょうか?これをしないで闇金に手を出すというのは絶対に避けましょう。

 

消費者金融などでは、返済がどうしても難しい場合に、利息分のみの返済で乗り切るなどの対応に応じてくれる場合があります。闇金に走られて回収不能になるよりは、利息のみでも返済してもらう方が、消費者金融などの正規貸金業者としては安心です。

 

ただし、利息のみの支払いでは元金がずっと減らないので、どこかで対策をとる必要があります。それでも闇金に走るよりは、今後の対策もずっと取りやすいはずです。

 

債務整理を検討する

上記の方法をすでに試している場合、最終手段として債務整理があります。債務整理とは、借金などの返済が困難な場合に、元金の未返済、または免除などの方法をとって、生活をやり直す手続きを言います。

 

債務整理をすると、今後住宅ローンなどが組めないなどの制約を背負うリスクはあります。リスクのない債務整理というのが存在するならば、世の中誰でもリスクを冒して債務整理に走ってしまいます。

 

しかし、債務整理によって借金返済の重圧から解放されたという人もたくさんいます。そもそも闇金に手を出すか迷う時点で、余程精神的に追い込まれている状態です。どうしてもという時には上記の方法を試し、それでもだめなら債務整理も視野に入れてもいいかもしれません。

 

債務整理は個人のみでは難しいですが、法律の専門家に依頼すれば面倒な手続きはほとんど省略できます。手続きの内容や進め方が詳しく分からない方でも、債務整理に強い法律事務所なら債務整理相談が無料となっている場合も多いので、気軽に気楽に話が聞けます。